2011年08月31日

三士会無料相談会

台風が近づいています。明日から週末にかけては雨が強くなりそうです。明日と土曜日は八王子、立川へ出かける予定がありますので、電車の運行状況等が気になります。横浜線が止まらないといいな。行けなくても困りますが、帰って来られなくても困ります。

今度の土曜日(9/3)、町田市では三士会無料相談会があります。弁護士、税理士、司法書士の三人一組でご相談に応じる相談会で、様々な角度からお話が聞けますし、無料ですので、ご相談がある方はお出かけになるといいですよ。

http://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/kurashisoudan/kakusyu/sansikai_2011.html

台風ど真ん中のような気もしますが、相談会場は逆に空いているかもしれません。あ、相談会そのものが中止になったりするのかなぁ…確認の上、お出かけになる方がよさそうですね。
posted by hideki at 15:46| 日記

2011年08月30日

新しいパソコン

必要があって、新しくパソコンを購入しました。OSは Windows7。XPと Vista で構成されていた弊所のシステムに Windows7 が追加になりました。そもそもXPをメインで使い続けてきた私のパソコンには、昔からの古いソフトが多く、Windows7 には対応してないことが予想されます。いつかは乗り越えなければいけない壁だと思っていましたが、とうとうその時がやってきたようです・・・とはいえ、歴史が動くほど大げさなことではないので、頑張ってセットアップします。
posted by hideki at 21:25| 日記

2011年08月29日

不動産管理会社

個人所有の不動産について、法人を設立して、管理を委託。管理料を払い、不動産所得の必要経費に算入。法人からは給料を支払うことで、給与所得控除を受ける…という節税スキーム。これで適正な管理料とはどれくらいなのだろう…と昔から思っていたのですが、客観的にそういう調査がきちんとあるんですね。「税理」を読んでいたら、書いてありました。

http://www.zentaku.or.jp/public/researchreport/pdf/201103rent_report.pdf

これによると「月額賃料に占める管理業務報酬の割合は、5〜6%がほぼ半数を占める」だそうです。10%超になると1割もないですね。これを見ていると、上記のスキーム、5〜10%くらいの管理料でないと否認される可能性が高くなる…という感じでしょうか。

こういうことを確認がてらに見たりしますが、ホントに実体を伴った管理が行われているかどうか等々…整えないといけないことはたくさんあるようです。
posted by hideki at 19:56| 日記

2011年08月28日

今朝は息子が早起きしたので、近所の公園まで早朝散歩してきました。6時前ですが、蝉がミンミンと大合唱してまして、息子が「蝉の目覚まし時計だね」なんて洒落たことを言ってました。蝉って、結構、早くから鳴くもんなんですね。で、帰ってきて、待っているのが「夏休みの宿題」と・・・蝉のように鳴きまくらなくていいからね。あと少しのようですが・・・
posted by hideki at 13:38| 日記

2011年08月27日

同族会社に遺贈

土地を同族会社に遺贈した場合の課税関係について読みました。

(1) 遺言を書いて、法人に土地を遺贈しても、法人に相続税の納税義務は生じない。法人は土地を時価で益金算入。

(2) この遺贈により同族会社の株価が増加する場合には、同族株主は持ち分に係る増加分について被相続人から遺贈により財産を取得したものとみなされる。従って、その株主が、相続人でなかったとしても、相続税の納税義務を負う可能性がある。

(3) 個人が法人に財産を遺贈した場合には、時価で譲渡したものとみなされるため、被相続人は時価が取得価額を超えれば、譲渡所得を生ずるので、準確定申告が必要。この税金は債務控除の対象になる。

税法には「みなす」という規定があるので、知らないうちに納税義務が生じてしまうこともありますね。
posted by hideki at 20:45| 日記

2011年08月26日

雷おこし

外は大雨。日暮れ前には、雷がゴロゴロと鳴って、激しく降っていました。偶然ですが、今日のおやつは「雷おこし」。お客様よりいただきました。雷おこしを食べながら、雷が鳴っているという妙な状況ですが、ネットで引いたら、

名前の由来は、「雷門」と「家を起こす」「名を起こす」をかけたもの。江戸時代後期に、浅草雷門近くの露天商が縁起物として売り始めたのが発祥と言われ・・・(ウィキペディアより)

とあります。なーんだ、縁起物なんですね。
posted by hideki at 17:52| 日記

2011年08月25日

雑損控除と減価償却

震災などによる被害については「雑損控除」か「災害減免法による軽減免除」のいずれか有利な方を選択できますが、この場合の「損失額」を如何に計算するのか、という問題が頭をもたげます。国税庁のWebサイトを見ていたら、合理的な計算方法として、

http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h23/jishin/tokurei/pdf/shotoku_03.pdf

といった説明がありました。

これには「損失額=(取得価額−減価償却費)×被害割合」と書いてありますが、ここで、「ん?」と思うのが、「減価償却費」です。譲渡所得の場合もそうですが、この場合の減価償却費の計算は「取得価額×0.9×償却率×経過年数」となっていて、計算方法はいわゆる「旧定額法」。事業用の場合と非事業用の場合で、減価償却についての計算方法が違っています。

で、旧定額法の償却率と今の定額法の償却率を償却率表で見比べてみたら、ちょっと違っていることに気が付きました。小数点3位が微妙に異なっています。雑損失の計算には、計算方法に合わせて旧定額法の償却率が使われていますね。細かいことですが、今回初めて気が付きました。へぇ〜。
posted by hideki at 15:44| 日記

2011年08月24日

聞こえない音

歳を取るとだんだんと周波数の高い音は聞こえなくなるようです。先日、ある集まりで、周波数を上げながら、どこまで聞こえるか試してみる機会がありました。私は今年で44才ですが、20代の人に聞こえる音が私には聞こえませんでした。同じ状況下にあって、一方はうるさいといい、一方は静かだという・・・そういうことが矛盾なく起こりえます。世の中、もめ事の多くはこういうところから起きてくるんだろうなぁ、と思うのと同時に、相手の立場に立つことの難しさを実感させられました。
posted by hideki at 11:38| 日記

2011年08月23日

クレジット明細と仕入税額控除

消費税の仕入税額控除の要件に請求書等の保存というのがありますが、この請求書等について、消費税法第30条9項というところに次のような記載があります。

「事業者に対し、課税資産の譲渡等を行う他の事業者が、当該課税資産の譲渡等につき当該事業者に交付する請求書、納品書その他これらに類する書類で…」

要は、課税仕入れの相手が交付する請求書等を保存しなさい、と書いてあるわけです。

ということは、クレジットカード会社が発行する利用明細書はこの要件にある請求書等には該当しないことがわかります。なぜなら、明細書はクレジットカード会社が発行するもので、課税仕入れ先から交付されるものではないからです。明細書は一覧になっていて確認するのには便利ですが、それをもって、請求書等の保存に代えることはできません。仕入税額控除を受けるためにはきちんと相手先からもらった請求書・領収書を保存しておくことが必要なんですね。
posted by hideki at 09:57| 日記

2011年08月22日

花火(その2)

昨夜、家の前で子どもと花火をしました。さくっと花火と言いますが、我が家では「煙」を巡って二つの関門があります。花火って、結構、煙が出ますでしょ。うちの子、喘息持ちなので昨晩も…

花火点火

ゴホゴホゴホゴホゴホ…(発作の気配!?)

花火中断

インタールを吸入

花火続行…

という具合で、気を遣います。

それから、煙がご近所の家に入ってしまわないように、風向きも気になります。幸い、昨夜は涼しかったこともあって、ご近所の窓が閉まっていて、やや安心して遊べました。花火もやりにくいものです。

自分が子どもの頃はこんなに気にしたっけなぁ、と思い返してみて…そうか!40年前って、この辺、空き地と畑ばかりで家も何もなかったんだよなぁ…と昔の風景を思い起こしたりしておりました。いずこもそんな感じなんでしょうかね。
posted by hideki at 13:52| 日記

2011年08月21日

還付申告の申告期間について

所得税の確定申告書。提出期間は原則2月26日から3月15日までです。ただ、年末調整が終わっていて、申告書の提出義務がない人が医療費控除等で還付の申告をすることが多々ありますね。この還付申告については、1月1日から申告書を提出することができます。では、元々申告書の提出義務がある人の還付の申告はどうでしょう。例えば、税理士なんかは事業所得を得ますので、申告は必要ですが、報酬から源泉所得税を差し引かれていますので、申告すると税金が還付されるケースが多いです。このように申告義務がある人の還付申告については、今まで提出期間が2月16日〜3月15日となっていました。これが、H23年の税制改正にて1月1日から申告書が出せるようになりました!ぱんぱかぱーん…といっても、そんなに早くは整わないだろうけど…
posted by hideki at 05:35| 日記

2011年08月20日

海外で過ごした方の年金

海外に赴任されたことがある方で、赴任先で社会保険料を納めたりした方については、将来、彼の地より年金を受給することがあろうかと思いますが、この海外からの年金については、日本で受け取る年金と合算して確定申告をすることになります。合算して、公的年金等控除をして…と所得計算の方法は同じです。租税条約が締結されている国であれば、二重課税にならないように制度が整備されているようです。ご主人が亡くなられたりして、奥さんが引き続き遺族年金を受け取られる場合は、日本の遺族年金と同じように非課税になるようです。扱いは同じなんですね。
posted by hideki at 09:57| 日記

2011年08月19日

Windows Vista

ビスタのサポートが来春で終わるそうです。XPのサポートは2014年まであるそうですから、後継OSのサポートが先に終了するという不思議な事態です。弊所のメインシステムにはビスタを用いたマシンがありますが、企業向けエディションには延長サポートがさらに5年あるようなので、しばらくは大丈夫なのかな。確認しておかなくちゃ。こういうOS絡みの話、昔は面白がっていましたが、今は面倒に感じてなりません。「俺はただ平和にパソコンを使い続けたいだけなのになぁ〜」といっても、なかなかそうはいかないようです。ふーっ。
posted by hideki at 06:02| 日記

2011年08月18日

費途不明交際費

取引先の役員等へ受注等の謝礼として、いくらか包んだり、商品券を渡したり…このような金品の贈答に要する費用は交際費に該当します。これはいいとして、さて、この支出について帳簿に記載する際、贈答先の名前を記載せずに隠したりしますと、費途不明交際費として損金に落ちないだけでなく、「使途秘匿金」として支出額の40%が通常の法人税に加算されてしまいます。また、金品ではなく、飲み食いのような接待の場合には「使途秘匿金」という扱いはありませんが、それでも接待先の名前を記載せず隠したりした場合には、費途不明交際費として全額損金不算入になってしまいます。いずれにせよ、相手先を明らかにできないような支出には税負担が伴うわけです。隠すつもりがなかったとしても、誰を接待したか忘れてしまったとか、記録があやふやで説明がつかない場合も扱いは変わりませんので、注意しましょう。
posted by hideki at 05:50| 日記

2011年08月17日

宿題

お盆休みも終わりになりますね。大人は通常モードへ、子どもは宿題モードへ…でしょうか。「宿題」を辞書で引きますと、

1. 学校などで、家庭で学習するように児童・生徒に指示する課題
2. 未解決・未決定のまま持ち越された問題

とあります。「1」が転じて「2」の意味なんでしょうが、子どもは「1」の宿題モード、私は「2」の宿題モード…宿題は抱え込まないようにするのが大切ですね、子どもも大人も。さて、がんばるぞ〜。
posted by hideki at 09:04| 日記

2011年08月16日

年金所得者の申告不要制度

平成23年分の確定申告から年金所得者の方については、公的年金等の収入金額が400万円以下で、年金以外の所得が20万円以下であれば、申告が不要になります。この部分は今回の税制改正で通りました。毎年、確定申告の時期になると、無料相談会へ行って、お年寄りの申告の手伝いをしますが、混んでる中で申告をするのはとても大変そうです。中には倒れちゃうんじゃないかな…と心配になる方もいます。これからさらに高齢化は進むわけで、課税に弊害がないような形で簡素化できれば、それがいいのかな、と思います。ただ、「これで年金の人は申告しなくていいんだぁ」と勘違いする方も出てくるように思うんですよ。年金収入400万円以下ということで条件付きですので、ご注意を。
posted by hideki at 09:10| 日記

2011年08月15日

ウサギとカメ

ウサギとカメの有名なお話し。このお話の教訓は何でしょうか?油断大敵、とか導き出せば、いろいろとありましょうが、私が何かで読んで面白かった話を紹介します。

Q「なぜウサギは負け、なぜカメは勝てたのか」

A「ウサギはカメを見て走り、カメはゴールを見て走った」

少し前に読んで、うーん…と唸ったお話しです。
posted by hideki at 09:25| 日記

2011年08月14日

お盆

お盆ということもあり、昨日はお墓参り。我が家のお墓は八王子市の奥の方にありますが、シーズンには道が混むので、朝、早めに出て、行ってきました。お盆といっても、東京では7月なんですよね。うちは両親の出身が島根県なので、お盆というとやはり8月です。で、そういう時期なんでしょうか、死んだ父親の夢を見ました。なんか言いたいことでもあるのかな…と何とも不思議な気分。お盆という風習もよいものだな、と思います。
posted by hideki at 05:53| 日記

2011年08月13日

震災と倒産

興味深いデータを見ました。阪神淡路大震災のときの兵庫県の倒産状況のデータです。震災の影響で倒産した企業のうち、従業員5人以下が54.1%と過半数を占めるのに対して、100人以上だと0%なのだそうです。小さな会社には危機を乗り越える余力がないことがわかります。また、震災が起きた1995年よりも、その翌年1996年の方が倒産件数が多いのです。地震直後は金融支援等の効果があって、持ちこたえた企業がその後、力尽きていったということでしょうか…今回の東日本大震災はその被害の規模も大きく、また、広域にわたります。地域経済の復興を支える中小零細企業へのホントの影響が出てくるのは、まだまだこれからなのかもしれません。
posted by hideki at 06:32| 日記

2011年08月12日

確かここに建物が…

少し前の話。普段、車で通勤する道のりを歩いて帰ったところ、以前からあった建物がいつの間にか取り壊されてなくなっていることに気が付きました。馴染んだ風景だと思うのですが、「あれ?ここに何があったっけ?」というくらい覚えていないものです。帰宅して妻にそれを話したところ、「あ、それ、取り壊されたの1年以上前のことだけど…」と言われ、これまたショックを受けた次第…
posted by hideki at 08:02| 日記